« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

黒たまご

箱根のお菓子です。

Dsc_0042 強羅温泉に
一つ食べると数年
二つ食べると数十年

三つ食べると死ぬまで生きる

そんな温泉のたまごが有ります。

それを
もじって作られたのでは?

是非
大涌谷に来て見てください!

| | コメント (0)

携帯保護シール

スマートホンにして約2ヶ月

何も便利に成りません
高機能で
使いづらい
なんてコッタイ
すべて、アプリを見つけて入れないと!!

で”
このたび

Dsc_0037 着物の衿を見るのに便利なフィルム

そのほかに便利なのは……?

電話はタッチなので
違うところにかけたり

あまり良い所が見つかりません

皆さんは
どのように使われてますか?

電池はもたないし

ん~
慣れなくてはいけません

| | コメント (5)

穂の香・煎餅

Dsc_0039_2 色々の味の詰め合わせ

美味しい
某メーカーでもこのような物が有りますが
数段おいしいです。

持ち好き
煎餅好き

ご飯大好き


食べる幸せ
ありがとう!

| | コメント (2)

ステッカー

シールを
三味線ケースに貼るのがすきなんです。

Dsc_0022
お願いしてたのを頂きました!

結構楽しい絵が書かれてたり

お~
これが操縦席

Dsc_0023


またまた
コレクション増えました!

ありがとうございます。

| | コメント (6)

らーめん・NHK

NHKの食堂
凄くやすいんです。

Dsc_0049
醤油らーめん

たしか¥280-
ちらし寿司も
たしか¥1050-

すべて
本物

タレントさんもここで食べます。
まず
お弁当が出ません

さすが天下のNHKです。

| | コメント (0)

迎賓館?

初めて見ました!

Dsc_0054 この中にお邪魔してみたい物です。

いや~
この場所
良く通る道なのに
裏手側に門が有るとは……?

素晴らしいです。
回りの
街路樹も手入れされています。

いや~

素晴らしい!!

| | コメント (2)

お弁当/車内

ご苦労様でした(自分に)

Dsc_0033
中身は……?

このお弁当で
何杯いただけるか(笑)

Dsc_0035

鳥そぼろみたいでした!

車内食べるの
実は気を使います

なぜ?
匂いの少ないお弁当が良いでしょ~?
しかし開けてみないと分からない

でも
美味しかったです。

今日も
ごちそうさま!

| | コメント (4)

カステラ

三時のおやつで有名

F1000036 昔見たCMはどこに行ったやら?

最近ではCMすらやっていませんが
認知度は結構高いかも


最近のは
開封するとカットまでされています。

誰が考えるのやら
天才的ですね!

カステラの
端っこの切り落とし大好き

たまに切り落としの袋詰め
喜んで買っちゃいます。

| | コメント (4)

豆乳しゃぶシャブ

豆腐やさんに3回バイトした事が有ります。

で”
昔お世話になった富塚豆腐店さんのご紹介


F1000024
う~
旨い
厚木に有るんですこのお店

F1000025_2




生ハムの豆腐巻き

おいしいですよ~

厚木イトー近所

「ゆめや}さんです。

| | コメント (0)

ミニらーめん

はい
カップめんでは有りません

F1000008 コップと比べて見てください。

何でも有りのミニらーめん
美味しいですよ

ちなみに
東林間
淳紀の商品です。


飲んだ後に

| | コメント (0)

カード電話

最近見かけなくなりました

F1000042
小田急ロマンスカーで発見
昔は便利で驚きましたが

今や
スマートホン時代に

今年の暮れ辺りに買いたいですが
只今、様子見してます。

ドコモも何かやってくれました
クロッシィー。

auも980円でau同士無料通話OK

ドコモ同士が無料に


皆さんはどう考えてますか?

| | コメント (0)

八海山

八海山と変換したら
薄荷遺産とでました!

ん~
驚きました!

F1000032
実は御酒です

お正月に
シッカリと頂きました!

味は麻呂やか
マロです

まろは
うまいぞよ

またもや
ギャグ


失礼致しました!

| | コメント (0)

かわり煎餅

その名の通り

F1000053 えび
りんご
はすみたいの
蟹みたいの

お酒に良く合います。

煎餅の踊り食い
そんな感じの
楽しく美味しい煎餅でした!

| | コメント (0)

箱根逢わせ

タイトルが洒落てます。

F1000004
二枚合わせになった
お菓子です。

自分は箱根が近いですが
箱根駅伝を遠くで見てる方は
是非一度

結構キツイ登りです

自分はコースが分かるので
見ててもイメージがわきます。


車でもキツイ坂
良く登れますね!

まぁ
お菓子とは全然違うお話でした!

| | コメント (0)

讃岐うどん

いつ食べてもおいしい

F1000041
今日は仲間が送ってくれました!

太さ
腰の良さ
歯切れ

なんとも言えず
絶品です。

また、讃岐地方に行ったら毎昼食べよう!

| | コメント (2)

胴掛け

F1000047 七子の胴掛け(あってるかなぁ~)

岩手の中尊寺の金の回りにも
螺鈿細工が


F1000048




右の写真は

螺鈿入り

なかなかの細工ですよね~
これに決定です。

| | コメント (0)

いち・二階堂

そう
焼酎

F1000044

いかがですか
久々の化粧瓶焼酎


良く居酒屋さんで見かけますが
少し高め

最近の芋焼酎も香りおさえめ
味がまろやか

美味しくなりましたよね~!

ロックで頂きます。

| | コメント (0)

きしめん

お友達が年二回送ってくれます。

F1000039 箱にビッシリ

茹で方に特徴が有りますが
美味しいです。

F1000040





自分は
お昼に麺類食べるのがすきなんです。

醤油ベース
たまにトロロ昆布入れて
う~

美味しい

| | コメント (2)

電気ブラン

浅草一丁目一番地
神谷バー

F1000038 二種類の度数が用意されてます。

これ
薬くさいのですが
自分は良い香り

とても爽やかで酔います。

やはり
しびれる美味しさ

う~
安くて美味しい

ぜひ
スカイツリーでも見た帰りに!

| | コメント (2)

チャーハン

お昼に
F1000011
チャーハンの素で作ります。

お椀にいれて
形作って

玉子入れて
紅しょうが添えて

自分で作っても
結構美味しく出来ます。

あ~
旨い

| | コメント (2)

弁当

いつも現場でお世話になります。

F1000056 金の裏ぶたが印象的

縁起物のエビさんが
はねてます。

ヘルシー
日本的な味の
とても良く仕上がっているお弁当です。



う~
ありがとう!

| | コメント (0)

半月

お月様ではなく
お菓子です。

F1000051 自分は
ゴーフルに似てるような……?

でも
コーヒーと食べるとおいしい(自分流)

| | コメント (4)

酒/ケーキ

運転される方は御遠慮くださいと!

F1000021
本当に香りが良いです。

ん~
甘酒の更に甘みが詰まった
香り


確かに
御酒の弱い方は
酔うかも?


しかし
おいしい

ありがとうございます。

| | コメント (4)

美の川/清酒

毎年恒例

なんちゃって

F1000031 越の雄町

良くは分かりませんが
雄町という米の種類

高級酒に見かける
雄町という名前


米の中でも
お酒に合うお米らしいです


それと水
いや~
言う事なし

ご馳走様でした!

| | コメント (0)

くまさんのまくら?

どうせだったら
膝枕

違います。

F1000002
木の枝のように
バームクーヘンが……

ここに熊さんが寝転がる

ん~
そんな事考える前に
頂きました!


あ~
今日もご馳走様でした!

ありがとう

| | コメント (2)

ご~・ろく・七賢

山梨の地酒

F1000029
かめぐちは
以前紹介しましたが度数が高いです。

飲むと
七つ賢くなる御酒

そんなバカナ

はい
そんな事は書いて有りません

ちゃんチャン

| | コメント (0)

パソコン解体

長らくお世話になりました
ウインドウズ98
一年間くらい電源を入れることがなかったので
自宅にて解体

Dsc_0002 ついでに
スキャナ
CD-R
も解体

ハードディスクは
ハンマーで叩いときました!



ずい分お世話になりましたが
最近ではホームページでもフリーズするくらいに

長らく活躍
ありがとう

| | コメント (0)

授与式

小山流の名取・師範等の授与式が行なわれました。

Dsc_0003 都庁の隣の京王プラザ
47F最上階

良い天気で気分も上々


我が会は
名取1名
師範1名の授与です。


Dsc_0004
こちはら
現在20歳

こうちゃん事
昇浩(しょうこう)

こうちゃんと呼んでと希望



Dsc_0006 そして右側
約20年間を過ごして
名取から師範に!

またちゃん事
昇ゆう

ふたり
良い顔してます。


願晴って感じ
おめでとうございます。

| | コメント (2)

高い天井

F1000060
パーティー会場の天上

きれいですね~
このスペース×6で超大きいです。

しかし
自分には分からないほどの
場所

ん~

驚かされます。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »