« ホームのイベント | トップページ | 厚木大道芸祭り »

三味線の撥皮

F1000004 写真をクリック拡大で見ていただくと分かりやすいかも!?

糸道が真っ直ぐに線で付いているのが分かりますか?

撥をコネルト・シワがよります。

張り替える時は
下地にロウを塗ると剥がしやすくなります!

この撥皮はシールですが
新しいと滑りやすく弾き安いです。

緊張しそうな時には張り替えて出かけます。

|

« ホームのイベント | トップページ | 厚木大道芸祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

シワついてます。。。

お腹に向かってですね^^


こねてるって どうやってる意味なんでしょう?

投稿: たか | 2009年11月 6日 (金) 06時11分

質問です

①自分で貼ったことがないのですが、ロウを塗ってもきちんとくっつくんですか?

②撥皮はシール以外にどんなものがあるんですか?

③真中よりやや三の糸寄りに撥皮は貼るんですね?

あっ、それと
何度も同じ皮にシールを貼ったり剥がしたりしていたらやはり皮は破れやすくなるんでしょうね?

  すみませんあまりよくわかっていないもので。

投稿: 光 | 2009年11月 6日 (金) 09時35分

たかさま>
コネル=皮に対して力負けして、糸の下で撥が止まらずスリ棒でするような感じで撥が動いてます。
これがシワを作ります。

表現が難しいです。

投稿: 竜昇 | 2009年11月 6日 (金) 11時55分

光さま>

①ロウを塗った後にカスが有るといけないので軽くティッシュでふき取ります。

②本当の皮があります。もの凄く薄いです。価格も高いです。

③ハイ、三の糸の方側に沢山出します。

本革が破れやすく成る事は有りません。
本革に傷が付かないように、僕は最低でも3ヶ月に一度は張り替えます。

投稿: 竜昇 | 2009年11月 6日 (金) 12時02分

>本革に傷が付かないように、僕は最低でも3ヶ月に一度は張り替えます。
   何と驚きです。

何でも微妙で大雑把な人間には扱えない楽器ですね。
三味線弾きの方は神経細やかでないといけませんね。

  大変勉強になりました。
  ありがとうございました。

投稿: 光 | 2009年11月 6日 (金) 15時12分

光さま>
どう致しまして!
弾き難いと気に成るのでいじってます(笑)

投稿: 竜昇 | 2009年11月 6日 (金) 22時32分

私ももう長年シールの撥皮を使っていますが、確かに新しく張り替えたときには弾き易いですよね。

3ヶ月に一度の割合で張り替えですか?わかってはいるもののつい・・・(笑)

投稿: 隠岐 | 2009年11月 6日 (金) 23時22分

隠岐さま>
昔の本皮の撥皮は弾きやすかったですが、シールが便利ですよね!

津軽の場合は早めに変えないと、剥す時に苦労します。

投稿: 竜昇 | 2009年11月 6日 (金) 23時29分

ありがとうございます。


撥が止まらずってことは、皮面に対して垂直に撥が当たってないというか、
ももに向かって打ってるから、皮面に対して斜めに当たってると考えていいでしょうか?


それで、お腹に向かって叩くといいと おっしゃたのか。。。

また、撥皮張り替えて試さないとわからないです^^

投稿: たか | 2009年11月 7日 (土) 06時34分

たかさま>
そう言う感じです。
撥が滑ってるというか、止まってないと言うか
色々研究してみてください。

投稿: 竜昇 | 2009年11月 7日 (土) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームのイベント | トップページ | 厚木大道芸祭り »