« 風の盆/越中おわら節・女性踊り | トップページ | おわら風の盆/輪踊り »

おわら風の盆/踊り手さん

言葉で表現するより「おわら」の歌詞と共に雰囲気が伝われば嬉しいです!


<歌われよーわしゃ囃す>

○八尾よいとこ おわらの本場 <キタサノサードッコイサノサ> 二百十日を オワラ 出て踊る 
   
                              ※…<  >内は唄ばやし 以下省略

O3_3 ○来たる春風 氷が解ける うれしや気ままに オワラ 開く梅

○わたしゃあなたに あげたいものは 金の成る木と オワラ 卵酒

○虎は千里の藪さえ越すに 障子一重が オワラ ままならぬ

○仇やおろかで 添われるならば 神にご苦労は オワラ かけやせぬ

○恋の病も なおしてくれる 粋な富山の オワラ 薬売り

○そっと打たんせ 踊りの太鼓 米の成る木の オワラ 花が散る

○見たさ逢いたさ 思いが募る 恋の八尾は オワラ 雪の中

○狭いようでも 広いは袂 海山書いたる オワラ 文の宿

O4_2 ○話するなら 小松原の下で 松の葉の様に オワラ こまごまと

○おわら踊りの 笠着てござれ 忍ぶ夜道は オワラ 月明かり

○お風邪召すなと 耳まで着せて 聞かせともなや オワラ 明けの鐘

○待てど出てこず 出る時ゃ会えず ほんにしんきな オワラ 蜃気楼

○鳴くなこおろぎ 淋しゅうてならぬ お前一人の オワラ 秋じゃなし

○私ゃ野山の 兎じゃないが 月夜月夜に オワラ 会いにくる

O5_2 ○二百十日に 風さえ吹かにゃ 早稲の米喰うて オワラ 踊ります

○唄で知られた 八尾の町は 盆が二度来る オワラ 風の盆

○唄の町だよ 八尾の町は 唄で糸取る オワラ 桑も摘む

○花や紅葉は 時節で色む 私ゃ常盤の オワラ 松の色

○軒端雀が また来て覗く 今日も糸引きゃ オワラ 手につかぬ

○城ヶ島から 白帆が見える 白帆かくれて オワラ 松の風

○白歯染めさせ 又落とさせて わしが思いを オワラ 二度させた

O6_2 ○私ゃ朝顔 朝寝の人に 丸い笑顔は オワラ 見せやせぬ

○盆が近うなりゃ 紺屋へ急ぐ 盆の帷子 オワラ 白で着しょ

○あなた今着て 早お帰りか 浅黄染めとは オワラ 藍足らぬ

○おらっちゃ若い時ゃ 田んぼのギャワス 人に踏まれて オワラ ぎゃくぎゃくと

○八尾おわらを しみじみ聞けば むかし山風 オワラ 草の声

○鹿が鳴こうが 紅葉が散ろうが 私ゃあなたに オワラ 秋(飽き)がなO8_2

○城ヶ島から 礫を投げた 恋の思案の オワラ 紙礫

○お前来るかと 待たせておいて どこへそれたか オワラ 夏の雨







O7_2


次は輪踊りや、古謡・四季の歌詞を紹介したいと思います。

|

« 風の盆/越中おわら節・女性踊り | トップページ | おわら風の盆/輪踊り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいですね!?読んでいて・・・やっぱり行ってみたいです。

投稿: 一休さんです。。 | 2007年9月 6日 (木) 23時56分

では、スケジュール合わせて民謡歌手の方も誘って行きましょう!(来年の話ですが)

投稿: 竜昇 | 2007年9月 7日 (金) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の盆/越中おわら節・女性踊り | トップページ | おわら風の盆/輪踊り »